医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

オンラインルーム

資料請求・お問合わせ

文字サイズ

  • 中
  • 大

加盟店募集加盟店募集

スタッフ募集スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

気分障害(うつ病・躁うつ病)

様々な症状を呈す慢性の脳疾患

気分が落ち込むうつ状態だけが現れる単極性障害(うつ病)と、気分が高揚する躁状態とうつ状態が交互に現れる双極性障害(躁うつ病)がある。原因は脳の神経伝達物質(セロトニンなど)の不調と考えられており、元々その人が持っている性質に、悩みやストレス、環境の変化などの外的要因が重なり発症することが多いとされる。

症状

●うつ症状
【気分・意欲】悲哀感、不安、焦燥感、意欲の低下
【思考・身体】思考の制止、悲観、劣等感、自殺の念慮、不眠(早期覚醒)、食欲不振、肩こり
【病識・日内変動】病識あり、午前中に症状悪化
●躁症状
【気分・意欲】爽快感、怒りやすい、攻撃性、意欲の亢進、多弁・多動
【思考・身体】観念奔逸、万能感、睡眠時間短縮
【病識・日内変動】いずれもなし

治療法

薬物療法:抗うつ薬(うつ症状)、気分安定剤(躁うつ病)の投与
休養
精神療法:医師やカウンセラーのカウンセリング
悩み・ストレスの軽減、「頑張りましょう」などの励ましは禁忌

高齢者には注意が必要です!

①若年に比べると悲哀感より不眠などの身体症状が多くなる
②認知症の初期症状と似ているため、認知機能検査や画像診断(頭部CTなど)による鑑別が重要

アセスメントのポイント

  • ●抑うつの程度、気分の日内変動はあるか
  • ●自殺念慮など急を要する症状はあるか
  • ●食欲不振、頭痛などの身体症状の程度はどうか
  • ●ADL低下の程度はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

高齢者では身体症状が目立ちますが、重症になると自殺念慮なども出てきます。医療と連携し、症状の軽快を目指します。根気強く、受容的な対応・かかわりを続けていくことが大切です。

日常生活の留意点
  • ●「うつ病」と診断された場合は、治療には薬物療法が重要です。適切に服薬が継続できるよう支援します
  • ●「頑張って」と励ましたりすることはときに逆効果となります
  • ●本人が話すことについてはじっくりと耳を傾け、共感的な対応を心がけましょう
  • ●閉じこもりがちになると身体活動量が低下します。少しでも外出の動機づけになるようなものはないか探しましょう
  • ●「死にたい」などの自殺念慮等の危ない兆候はないかなど、日ごろから表情や言動に注意します
医療連携のポイント
  • ●早期からの医療介入
  • ●自殺念慮など症状が深刻な場合、入院治療も検討
  • ●抗うつ薬や抗不安薬は、効果を見て医師が投与量をコントロールするため、服薬管理が大切
副作用・治療の影響

精神障害者保健福祉手帳、障害年金

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
  • 訪問医療マッサージ提携のご案内
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会
特定非営利活動法人 東京都介護支援専門員研究協議会