医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集加盟店募集

スタッフ募集スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

レビー小体型認知症

若年女性に多くみられる膀胱の炎症

全認知症のうち20%の割合を占める。大脳皮質の神経細胞にレビー小体と呼ばれる異常なたんぱく質が出現し、症状を呈す。症状としては、記憶障害は軽度でパーキンソン症状や幻覚が目立つ。レビー小体が出現する原因は不明。 発症は男性に比較的多く、緩やかに進行する。

症状の日内、週、月単位の変動が大きく、特に問題なく過ごせる日や時間帯も存在する。現在のところ根治の方法はなく、個々の症状に対して薬剤が投与されるが、薬に対する過敏性が高いのが本症の特徴でもあるため、慎重な処方が求められる。

症状

【パーキンソン病】●筋肉の固縮 ●振戦(安静時の手足の震え) ●姿勢反射障害(身体が倒れ始めると止まらない) ●不随意な身体のねじれや歪み(ジストニア) ●動作が緩慢になる ●歩行障害など
【幻覚】●体感幻覚(身体の上を芋虫が這い回っているなどの幻覚)・幻視・幻聴など
【自律神経症状】●便秘 ●倦怠感 ●起立性低血圧など
【その他】●物忘れ ●妄想 ●抑うつ症状 ●レム睡眠障害

治療法

薬物療法:パーキンソン症状、幻覚など個々の症状に対し行う漢方薬の抑肝散が有効な場合もある
作業療法:折り紙などが認知機能の維持に有効とされる

高齢者には注意が必要です!

①パーキンソン症状で転びやすくなるため、けがに注意する
②幻覚や妄想を頭ごなしに否定すると症状の悪化につながるため、感情的にならず受容的に対応する

アセスメントのポイント

  • ●精神症状、自律神経症状、パーキンソン症状によるADL低下はどの程度か
  • ●日内変動の状況はどうか
  • ●高い転倒リスクについて、室内環境はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

初期の段階から幻覚(特に幻視)やうつ症状が多くみられ、症状の進行とともに、パーキンソン症状、自律神経症状、後期には嚥下障害も現れます。アルツハイマー型認知症より進行は早いと言われています。

日常生活の留意点
  • ●幻視に対しては、否定的なことをせずに、照明を明るくする(現れにくい)などの配慮をします
  • ●歩行訓練や軽い体操を取り入れるなど、規則正しい生活を心がけます
  • ●気分や症状の変動が大きいため、症状が悪いときには、積極的にかかわらず、見守ります
  • ●パーキンソン症状などにより、転倒の危険性が高いです
  • ●レム睡眠行動障害も多いため、ベッドからの転落に注意し、安眠のための睡眠環境が大切です
医療連携のポイント
  • ●状態の変化時、薬の変更時
副作用・治療の影響

●薬剤過敏性があり通常の服薬量でも効き過ぎることがある。抗精神病薬の服用では症状の悪化に注意が必要

使える制度

  • ●精神障害者保健福祉手帳、成年後見制度、日常生活自立支援事業

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会