医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集加盟店募集

スタッフ募集スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

膀胱炎

若年女性に多くみられる膀胱の炎症

膀胱内で炎症が起こる疾患。多くは大腸菌などの細菌感染による急性膀胱炎で、慢性化した慢性膀胱炎と区別される。男性に比較して尿道が狭く括約筋が弱いため、主として女性にみられる。男性にみられた場合は、背後に前立腺肥大症など他の疾患があることが考えられる。

細菌感染によらない膀胱炎は「間質性膀胱炎」という。急性膀胱炎とほぼ同様の症状を示すが、原因は不明。急性膀胱炎が排尿の終わり際に痛みを感じるのに対し、間質性膀胱炎には尿が溜まると痛み、排尿すると痛みが軽くなるという特徴がある。間質性膀胱炎に対しては有効な治療法も確立されておらず、主に対症療法が行われている。

症状

●頻尿 ●排尿時の痛み ●血尿 ●尿の混濁 ●残尿感など

治療法

薬物療法:主に抗菌薬を投与
水分摂取:症状が軽い場合、尿量が増えることで自然に治癒することもある
外陰部の清潔:清潔に保つと同時に、冷やさないようにする
生活環境の改善:ストレスや過労、睡眠不足は免疫や抵抗力の低下につながるため、注意が必要

高齢者には注意が必要です!

①加齢により尿を出す力が衰え、尿が十分に排出されず細菌が繁殖することが発症を誘因する
②軽度の場合、自覚症状がないこともある

アセスメントのポイント

  • ●睡眠不足、ストレスなど発症要因となるものはあるか
  • ●1日の排尿回数、排尿間隔はどうか
  • ●1日の水分量はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

高齢者では、はっきりとした自覚症状がなく見過ごしてしまうこともありますが、放置していると腎盂炎などを引き起こすことがあり、注意が必要です。再発しやすいため、清潔に留意し、身体の抵抗力をつけられるよう支援します。

日常生活の留意点
  • ●排尿を我慢しないよう、適宜声かけをします
  • ●おむつやリハビリパンツをしている場合は、細菌が増えやすくなるため、定期的に交換して清潔を保ちます
  • ●水分、お茶は十分に摂れるよう留意します。排尿により細菌を排泄することができます
  • ●身体の抵抗力が落ちないよう、十分な睡眠、栄養を摂ります
副作用・治療の影響

●抗菌薬は自覚症状がなくなっても自己判断で服薬を止めない

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会