医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

緑内障

高齢者がかかる代表的な眼の病気のひとつ

緑内障とは、視神経に障害が起こり、視野が狭くなる病気。症状としては、少しずつ見える範囲が狭くなっていく。眼圧が異常に上昇することにより視神経が萎縮し、視力が低下する疾患。視神経は萎縮すると回復が難しく、放っておくと失明に至る。

視神経が弱いことから眼圧が正常でも発症するケース(正常眼圧緑内障)や、糖尿病による合併症、薬の副作用、先天性、原因不明の急性などがある。慢性緑内障は、自覚症状がないまま病気が進行してしまう。

症状

●眼圧の上昇 ●眼痛 ●視野狭窄(視野が狭くなる) ●暗点(見えないところ)の出現 ●視野欠損(視野が欠ける)
【急性緑内障】●急激なめまい ●吐き気 ●失明

治療法

薬物療法:点眼薬、内服薬
手術:レーザー治療(薬の効果がみられない場合)
※治療はあくまでも進行を遅らせるためのもので、一度失った視野・視力は治療をしても回復しない

高齢者には注意が必要です!

①眼圧はいったん安定しても治療を中断するとまた変動する。定期的に検査を受け、視野障害が進行していないことを確認。緑内障は生涯にわたる管理が必要
②血圧、心臓、呼吸器に影響を及ぼす治療薬があるので、服薬後の様子を観察

アセスメントのポイント

  • ●視野の欠損、視力低下はどの程度進んでいるか
  • ●視覚障害により生活上どのような支障があるか
  • ●他にどのような薬を服薬しているか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

自覚症状がないままにゆっくりと症状が進む。自覚症状がなくても、気にかかる兆候がある場合は、早期の受診をします。緑内障と診断された場合には、点眼などの治療と同時に、生活習慣を改善することが大切。

日常生活の留意点
  • ●栄養バランスに気を付けた食事を摂り、睡眠をしっかり摂る
  • ●自覚症状がなくても、定期的な検査を受ける
  • ●ストレスや興奮は眼圧上昇の原因となるので、穏やかな生活を送れるように配慮
  • ●水分は一度に大量に摂ると眼圧が上がりますが、常識的な量で水分を摂るようにしましょう
医療連携のポイント
  • ●使用禁忌となる薬、副作用の確認
  • ●眼科以外の受診時には緑内障であることを伝える
副作用・治療の影響

●抗コリン作用を持つ薬は、眼圧の上昇をもたらすため使用は禁忌、または慎重投与となる。抗パーキンソン薬、狭心症治療薬にも注意が必要

使える制度

  • 一定の条件を満たした場合:身体障害者手帳、障害年金

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会