医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

腎臓病(慢性)

徐々に進行し、悪化するまで自覚症状に乏しい腎疾患

腎臓病は、腎臓の糸球体や尿細管が冒されることで、腎臓の働きが悪くなる病気です。 腎臓病には様々な種類があり、それぞれの原因や症状も異なります。急性と慢性で区分できるが、ゆっくり進行する慢性の方が総じて回復しにくいとされる。

慢性の腎臓病の例としては、慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症、多発性嚢胞腎などが挙げられる。近年ではこれらを包括した「慢性腎臓病(CKD)」という概念も提唱されている。これらの疾患では初期症状はほとんど見られず、把握されないうちに進行して腎不全に至るケースもある。

症状

【慢性糸球体腎炎】●むくみ ●たんぱく尿 ●高血圧 ●血尿 ●めまい ●肩こり など
【糖尿病性腎症】●むくみ ●たんぱく尿 ●息切れ ●食欲不振 など
【多発性嚢胞腎】●運動後の血尿 ●腹痛・腰背部痛 ●腹部が張る ●食欲不振 ●高血圧 など

治療法

薬物療法:疾患に応じて利尿薬、降圧薬、抗生物質などを投与
食事療法:減塩、低カロリー、低たんぱく質食 他
運動療法:糖尿病性腎症の血糖コントロールとして行う
透析療法:●腎移植 腎不全まで症状が進んだ際に行う

高齢者には注意が必要です!

①加齢によっても腎機能は低下していくため、多くの高齢者が潜在的な患者だといえる
②透析を行う際には、年齢的な事情を含めよく検討する

アセスメントのポイント

  • ●日常生活への支障はどの程度か
  • ●糖尿病などの基礎疾患はあるか
  • ●食事の内容や食事摂取状況はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

慢性腎臓病は、生活習慣病と関連が深い病気。罹患していると、狭心症や脳血管障害、心筋梗塞などの発症率が高くなる。治療と生活習慣の改善により、心血管障害などの合併を防ぐ。

日常生活の留意点
  • ●腎機能の低下の程度に応じて、塩分、たんぱく質を制限。むくみがある場合は水分を制限
  • ●喫煙は慢性腎臓病の進行を早めるため、禁煙をオススメ
  • ●飲酒は適量
  • ●高血圧や糖尿病などの疾患がある場合は、並行してこれらの治療も進めます
  • ●適度な運動を定期的に行う
  • ●規則的な生活を送り、睡眠は十分に摂る
医療連携のポイント
  • ●高血圧、糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病がある場合は、並行してこれらの治療を行う

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会