医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

白内障

80代のほとんどの人が発症する白内障

白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気で、様々な原因で起こります。最も多いのは加齢によるもので、これを加齢性白内障と呼ぶ。遺伝による先天性、加齢による老人性、糖尿病や甲状腺機能障害などに起因する代謝性などがある。

また、外傷、網膜や視神経の障害、アトピー性疾患、低栄養、紫外線、薬の副作用などからも起こる。文字が見えづらい、かすんで見えるなどの症状があるが、日常生活に支障がない場合は点眼薬で進行を遅らせる。

症状

●文字が見えにくい ●目がかすむ ●羞明(光をまぶしく感じる) ●眼球の中心部が濁って見えにくい

治療法

【初期】●薬物療法:点眼薬の投与
【進行】●手術:濁った水晶体を除去し、眼内レンズ(人工の水晶体)を挿入する手術を行う。日帰り手術や短期入院が可能
※手術後は、感染症予防のために薬物治療を行う

高齢者には注意が必要です!

白内障は糖尿病の合併症として起こりやすいので、並行して原因疾患の治療にも専念する

アセスメントのポイント

  • ●視力低下がどの程度進んでいるか
  • ●基礎疾患に糖尿病はあるか
  • ●視力低下による日常生活での支障はどの程度か

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

白内障は加齢に伴い発症し、軽度も含めればほとんどの高齢者が罹患。日常生活に支障をきたした場合、手術治療が検討される。白内障の予防や進行を抑えることが重要。

日常生活の留意点
  • ●糖尿病になると、白内障が進行しやすくなる。普段から食生活と運動に留意して、生活習慣病の予防に気をつける
  • ●強い赤外線や紫外線は避け、春から初夏にかけては紫外線の量が増えるので、帽子、日傘、サングラスなどで紫外線対策をする
  • ●朝や夕方の太陽光は、紫外線が目に入りやすいためサングラスの着用がおすすめ
  • ●見えにくい場合、視力低下を補助する用具も活用
医療連携のポイント
  • ●手術の可否など今後の治療方針の確認
  • ●点眼薬などの用法・用量などの確認

使える制度

  • ●一定の条件を満たした場合:身体障害者手帳、障害年金

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会