医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

肺炎

がん、心疾患に続いて、65歳以上高齢者の死因の第3位

肺炎は、主に細菌やウイルスなどの病原微生物により肺が侵される病気。肺炎には、感染源を吸い込んで発病する「細菌性肺炎」「ウイルス性肺炎」「真菌性肺炎」などの感染性の肺炎と、「薬剤性肺炎」「アレルギー性肺炎」などの非感染性の肺炎などの複数ある。

風邪をひいた後に発病することが多く、加齢や疲労、体力の減少などによる免疫力の低下が原因。高齢者の場合、食べ物や唾液が誤って肺や気管に入って起こる誤嚥性肺炎も多い。

症状

●高熱 ●せき ●たん ●呼吸困難 ●胸痛 ●倦怠感●食欲不振 ●悪寒 ●筋肉痛 ●関節痛 ●頭痛

治療法

薬物療法:抗菌薬、抗生物質、鎮咳薬、去痰薬の投与
※補助療法として、全身の栄養状態の改善や脱水への処置としての点滴、たんが出にくいときの療法、低酸素血症に対する酸素療法などを行う。人工呼吸管理を必要とする場合もある

高齢者には注意が必要です!

①高齢者は症状が出にくい。微熱、元気がない、ぼんやりとした表情など、いつもとちがう様子がみられたら肺炎を疑い、すぐに医療機関に受診
②高齢者が肺炎にかかると重篤な状態になりやすい。ワクチンによる予防接種、手洗い、うがいなどをすすめて予防に努める

アセスメントのポイント

  • ●疾患がもたらすADLの支障は何か
  • ●全身状態はどうか
  • ●食事の接種量や栄養状態はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

肺炎は死亡原因としても多い病気です。高齢者では再発、再燃を繰り返すことが多いため、急性期治療を終えた退院後も、しっかりと生活管理を行うことが重要。

日常生活の留意点
  • ●療養中は、十分な睡眠、消化のよい食事を摂り、免疫力を高めるように配慮しましょう
  • ●室内は、適切な温度と湿度を保ち、また部屋の換気もしましょう
  • ●重症化予防に、インフルエンザワクチンの接種が有効な場合もある
医療連携のポイント
  • ●急性増悪時の対応

使える制度

  • ●インフルエンザワクチン(予防接種法に基づく定期接種)
  • ●肺炎球菌ワクチン(任意接種)
  • ●医療保険による訪問マッサージ

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会