医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

喘息

慢性的な気管支の炎症。呼吸困難の発作で死に至る場合も

発作性の呼吸困難、喘鳴、咳を繰り返す疾患で、慢性的な炎症が気道に起こり、気道の過敏性が亢進することがその原因と考えられています。抗原の吸入、運動、感染、ストレスなどが喘息発作の引き金になる。激しい動きをしたときや就寝時、早朝に起きやすい。

ハウスダストなどのアレルギーや大気汚染、喫煙、ストレスなどが原因。症状が長引くため、長期治療を行う必要がある。気道の炎症が続くと気道壁の粘膜が過敏になり、喘息発作が起こりやすくなり、喘息発作の回数が増えると気道の狭窄が進み、さらに喘息発作が起こりやすくなる。

重症な喘息発作では死に至ることもあるので、なかなか収まらない。会話や歩行ができないなどの場合は、すぐ医療機関での受診が必要。

症状

【初期】●せき ●たん ●息切れ ●疲労感
【喘息発作時】●喘鳴(息をするたびにヒューヒュー、ゼーゼーといった音がする状態) ●呼吸困難

治療法

薬物療法:気管支拡張剤、ステロイド剤(錠剤、吸入薬)、去痰薬などの投与
※薬の吸入には、ネブライザーを使用することもある

高齢者には注意が必要です!

①高齢者はとくに、COPDとの関連も考慮
②喘息がある人は高血圧の治療で使うβ遮断薬は使えない。アスピリンや消炎鎮痛剤を含む湿布剤の使用で発作を起こすこともある。他疾患で受信する際には喘息があることを必ず伝える

アセスメントのポイント

  • ●発作がもたらす日常生活の支障は何か
  • ●発作の頻度、発作の好発時間帯は?
  • ●発作のきっかけとなるものはあるか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

高齢者では、感染型の占める割合が大きく、若年者と比べると治りがあまりよくありません。慢性化したり、肺炎を合併するリスクもあるため、できるだけ症状を起こさないように、日常生活を管理することが大切。

日常生活の留意点
  • ●喫煙は喘息を悪化させるため、禁煙がおすすめ
  • ●ほこりを溜めないよう室内を清掃し、換気をよくする
  • ●風邪にかかるとさらに炎症が強まるため、うがいや手洗いを励行
  • ●インフルエンザワクチンの予防接種が有効な場合もある
  • ●症状が安定している場合は、適度な運動で体力をつけましょう
  • ●発作が起こったときに、吸入薬などの対処を行っても症状が改善しない場合は、受診が必要
医療連携のポイント
  • ●発作に対する対処法
  • ●治療方針の確認

使える制度

  • インフルエンザワクチン(予防接種法に基づく定期接種)
  • 肺炎球菌ワクチン(任意接種)
  • 医療保険による訪問マッサージ

バックナンバー

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会