医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

逆流性食道炎(胃食道逆流症)

食の欧米化と高齢化によって増加する食道の炎症

逆流性食道炎は、強い酸性の胃液や胃で消化される途中の食物が食道に逆流して、そこに留まるために食道が炎症を起こし、胸やけや胸の痛みなど様々な症状が生じる病気です。

逆流を反復することで、炎症が潰瘍や粘膜のただれに悪化していく。原因としては、加齢による下部食道括約筋の機能低下、胃の内圧上昇(前屈姿勢、肥満、腹部の過度の締めつけ、食べ過ぎなどによるもの)、高たんぱく食、高脂質食、飲酒、喫煙、ストレスなどが挙げられる。

薬物療法によって比較的短期間で症状は改善するが、根本的な原因を改めなければ再発も多く、生活習慣の改善も含めた長期的な治療が必要。

症状

●呑酸(胃酸が過剰に分泌され、口の中に逆流してくること)●胸やけ ●胃もたれ ●吐き気 ●喉の不快感 ●咳・痰 ●腹部膨満感 ●食べ物が飲み込みにくい ●食欲不振●上腹部痛 ●胸痛 ●声が枯れる

治療法

薬物療法:胃酸の分泌を抑制する薬剤を中心に、胃酸を中和する薬剤や粘膜を保護する薬剤も併用
食事療法:飲酒・喫煙の抑制。脂質、たんぱく質、糖分、カフェイン、香辛料、アルコールなどは避け、喫煙も控える。食事後すぐに横にならない。

高齢者には注意が必要です!

①骨粗鬆症のために後弯症(背中や腰が曲がる)になると消化管が圧迫されて逆流性食道炎となる可能性が高い
②明確な症状が出ず、重症化してから発見される例もある

アセスメントのポイント

  • ●逆流性食道炎となった原因は何か
  • ●食事内容、食事の仕方、食事時間はどうか
  • ●服薬状況はどうか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

自覚症状がなくなっても再発しやすいため、生活習慣と食事に気をつけ、医師の処方通りに薬を服用することが大切

日常生活の留意点
  • ●脂肪分の多い食べもの、甘いもの、柑橘類、コーヒー、紅茶、香辛料、アルコール類、喫煙は逆流を起こしやすいため避ける
  • ●腹八分目におさめます。早食い、暴飲暴食は厳禁
  • ●食後はすぐ横にならない。夕食は就寝の2~4時間前に摂る
  • ●ベルトでお腹を締めつける、重いものを持つ、前屈みの姿勢など、腹圧が高まるような動作や姿勢を避ける
  • ●寝るときに枕を高くしたり、上体を少し上げるようにします。身体を右下にする姿勢も有効
医療連携のポイント
  • ●継続的な通院
  • ●胸焼けの症状が強い場合は主治医に相談

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会