医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

糖尿病

予備軍を含め、わが国では患者数2,000万にも及ぶ代謝性疾患

血糖を抑制する作用のあるインスリンが膵臓(すいぞう)から分泌されなくなったり、はたらき自体が衰えたり(インスリン抵抗性)することによって高血糖状態が持続する疾患。

ウイルス感染などによるⅠ型糖尿病と、食生活や運動不足、肥満、加齢などが原因とされるⅡ型糖尿病に大別され(大半がⅡ型)、多様な合併症を引き起こす。

症状

【初期症状】自覚症状がほとんどない
【中期症状】●多尿・頻尿 ●喉の渇き(口渇) ●疲労感 ●足がつる ●傷が治りにくい ●できものができやすい
【進行期症状】●白内障 ●手足の壊疽 ●尿毒症(Ⅰ型)●昏睡 ●意識障害(Ⅱ型)●糖尿病性網膜症 ●糖尿病性神経障害 ●糖尿病性腎症

治療法

薬物療法:インスリンの分泌を促したり、インスリン抵抗性を改善する薬剤、糖の吸収を阻害する薬剤などが用いられる
インスリン注射:Ⅰ型には必須。Ⅱ型の場合でも食事、運動で改善がみられなければ行う
運動療法:肥満の解消と血糖値の改善を目的とする。ウォーキングや水泳が選択されやすい

高齢者には注意が必要です!

①加齢のためインスリン作用、腎機能が低下しやすい一方、生活改善には抵抗が強い場合があるので注意を要する
②動脈硬化が進行しやすく、合併症も多い

アセスメントのポイント

  • ●本人によるインスリンなどの自己管理が確実にできているか
  • ●糖尿病による合併症はあるか
  • ●運動や食事の管理ができているか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

数年の経過で徐々に進行します。罹患が長期になると、合併症がしばしば起こります。とくにⅡ型では生活習慣を改善し、血糖値のコントロールが適切にできるよう支援することが重要になります。

日常生活の留意点
  • ●薬物治療中は、服薬管理を確実に行います(Ⅱ型)
  • ●食事は決まった時間に三大栄養素をバランスよく摂ります
  • ●運動を生活のなかに取り入れます。1回15~30分、週3回以上など目安を定めます(必要に応じ、医師に確認)
  • ●シックディ(風邪や下痢、熱、腹痛、食欲不振、外傷や骨折などの病気にかかっている状態)では、急性合併症にかかることもあります
医療連携のポイント
  • ●低血糖時、シックディの対応
  • ●血糖の目標数値
  • ●合併症に伴う必要なケアについて情報を得ておく
副作用・治療の影響

血糖降下薬やインシュリン投与時には、不適切な食事や普段より強い運動などにより、低血糖症状(発汗、動悸、手足のふるえ、けいれん、昏睡など)が出ることがある

使える制度

  • ●三大合併症の場合:介護保険の特定疾病
  • ●人工透析の場合:特定疾病療養受領証(医療費助成)、障害者総合支援法(自立支援医療、日常生活用具)
  • ●合併症の障害の程度により身体障害者手帳、障害年金

バックナンバー

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
  • KEiROWからご提案
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会