医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集

スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

在宅医療の知識箱

在宅ケアのための医療知識

褥瘡じょくそう

寝たきりや車いすの状態で起こりやすい皮膚の損傷

持続的な圧迫によって、組織の血流が減少・消失し、虚血状態、低酸素状態になって、組織の壊死が起こった状態です。寝たきりや麻痺などで体位を変えられない人にできます。腰の仙骨部や足の踵の部分、骨が突出している部分など、圧迫を受ける部分に現れます。

栄養不良状態があると創(傷)が治りにくくなり、慢性化しやすくなります。汗や失禁などの身体の汚れ、栄養状態の悪化、他の疾患によって活動性が低下していることなども発症の原因。重症化する前に対処することと、予防が重要。

症状

【初期】 ●皮膚の発赤 ●ただれ ●内出血 ●水疱(すいほう・水ぶくれ)
【重篤期】 ●皮下脂肪への傷の拡大 ●膿瘍 ●壊死 ●骨の欠損
【合併症】 ●むくみ ●敗血症 ●低たんぱく血症

治療法

薬物療法:傷の保護、抗炎症、感染抑制などの薬物を用いる
リハビリテーション:予防的に取り組む
体圧分散・体位変換:同部位が圧迫され続けるのを避ける。体圧分散用具を用いて定期的に体位変換を行う
清潔保持:身体の清潔保持及び寝具の交換
栄養管理:十分なカロリー、たんぱく質の摂取が必要

高齢者には注意が必要です!

①老化のため、皮下脂肪・筋肉量が低下し、血管自体ももろくなっており、褥瘡ができやすい
②重症化すると手術も成功しにくいため、予防や早期治療が重要

アセスメントのポイント

  • ●褥瘡の発生要因(身体的・社会的要因)は何か
  • ●基礎疾患、薬剤の使用状況の確認
  • ●介護力はどの程度あるか

亀じろう

ケアプラン作成のツボ

今後の見通しと支援

褥瘡では、体重による局所への圧迫を取り除くほか、栄養管理、皮膚の清潔といった全身への対応が重要。介護力不足など社会的要因にも着目し、多職種と連携して対応。

日常生活の留意点
  • ●体位変換や福祉用具の使用により、体重による圧迫を分散
  • ●入浴ができない場合は清拭により皮膚の清潔を保持
  • ●低栄養も褥瘡の発生要因となるため、高たんぱく、高カロリー、高ビタミン食で栄養補給
  • ●発生している褥瘡については、医師や看護師による適切な処置が必要
  • ●家族や介護者に、褥瘡予防のための介護知識やスキルを指導したり、必要なサービス導入を提案したりして、二次的発生を防ぐ
医療連携のポイント
  • ●発生した褥瘡の処置、治療
副作用・治療の影響

細菌感染による褥瘡感染症に注意

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:30~18:00(平日)

メールでの資料請求・ お問合わせはこちら

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

イリーゼの老人ホームは全施設入居金0円

  • 成績優秀店舗発表
  • 無料お試し体験リハビリマッサージ
  • 他社サービスからの乗り換え大歓迎
  • 在宅医療の知識箱
  • 求人募集 業界最速チェーン展開中のKEiROWで働きませんか?
提携医療・介護機関
一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会
公益社団法人 日本認知症グループホーム協会
特定非営利活動法人 筋無力症患者会
東京都パーキンソン病友の会