医療保険適用の訪問医療マッサージサービス

文字サイズ

  • 中
  • 大

資料請求・お問合わせ

加盟店募集加盟店募集

スタッフ募集スタッフ募集

電話でのお問合わせ・ご相談は0120-558-916 受付時間 9:00~18:00(月~土・祝祭日も営業)

「エントレ」で誤嚥防止に取り組んでいます

KEiROWの誤嚥防止指導員がご利用者様の状態に応じて、誤嚥訓練の指導に鍼灸マッサージ・機能訓練を組み合わせ、在宅リハビリに貢献いたします。

KEiROWの誤嚥防止訓練は、 医学部・歯科医師と連携しています。

歯科医師が開発! 「エントレ」とは?歯科医師が開発! 「エントレ」とは?

食べる喜びをいつまでも長く得るには、「舌」と「唇」の筋力が重要

80年代に摂食・嚥下に関する学会が発足し始めましたが、「咀しゃく」においてはあまり注目されていませんでした。「咀しゃく」は噛む力だけでなく、舌や口腔周囲筋の作用により唾液と食物を混ぜ、飲み込みやすい形にかえてのどに送り込む役割があります。

私は40年来、舌や口のまわりの筋肉の機能訓練に着目し研究を続けてまいりました。エントレは、高齢者だけでなく、子どもにも成人にも有効な器具です。幅広い年代の方に無理なく使用できるように設計し、舌と唇(口腔周囲筋)のどちらも効率よくトレーニングできる器具として開発しました。

口は消化器の一番初めの器官です。全身の健康維持に、まず入り口「エントレ」から始めてみませんか?

歯科医師 稲葉 繁氏

簡単・続けやすい正しい呼吸と嚥下のための器具

エントレは、いつでも誰でも簡単にトレーニングできるように設計しました。口腔周囲筋に加え、鼻呼吸の訓練も兼ね備えている、正しい呼吸と嚥下のための練習器具です。人が持つ反射機能を利用しているので、くわえるだけでトレーニングができます。

また、最大の目的は「正しい呼吸と嚥下機能維持・向上」ですが、全身運動にも関連深く、副次的にリハビリの効果がみられるケースも少なくありません。

私は「お口の中は全身の一部。口腔内を整えることで全身状態が良くなる」という考えを持ち、さまざまな疾患の改善のお手伝いができますよう、今後も研究を続けてまいります。

歯科医師 飯塚 能成氏

医学部・医師が開発したリハビリ技術

KEiROWは、医学部・医師らによる根拠に基づいたリハビリ技術を開発した「一般社団法人 日本在宅マッサージリハビリテーション協会」と提携。同協会より技術提供を受け、施術者は『理学療法の知識・技術』、さらには高齢者の死亡原因に多い誤嚥性肺炎を予防する『誤嚥防止メソッド』を習得しています。

ダイエットや筋トレと同じように、訓練は一人では長続きしにくいもの。鍼灸・マッサージを併用すると平均週3回訪問するため、専門員による継続した誤嚥防止の指導と訓練が受けられます。

医学部・医師が開発したリハビリ技術

こんな方におすすめ

水を飲んだり食べる時にむせる 飲み込みづらい 唾液が少ない、口が渇く 唇が乾燥している 夜寝ると咳が出る 夜寝ているとのどが渇く

年齢とともに「舌」「口輪筋」などの筋力は落ちていきます。

グラフ

5分でできる「エントレ」基本トレーニング

ハートマークに舌の先端をあて口にくわえます

※口の中が乾燥している場合は、水でエントレをぬらしてからお使いください。

唇をしっかり閉じ、舌トレーナーを吸いましょう

唾液がでてきたら飲み込みます。鼻呼吸が難しい場合や、むせた場合は無理せずに休憩しながら行いましょう。

鼻で深呼吸(胸腹式呼吸)をします ※3回鼻で深呼吸(胸腹式呼吸)をします ※3回

ポイントポイント

<口呼吸より鼻呼吸が優れているのは?>

鼻は高性能なフィルターが備わっています。鼻の中は、粘膜や毛細血管などで満たされており、空気中の異物を除去したり、加湿・加温効果などにより、のどや肺を保護しています。

口から吸いこんだ空気はフィルターを通さないので、喉や肺を痛める原因になったり、様々な疾患のもととなるドライマウスの原因になるといわれています。口呼吸はあくまで補助的に過ぎず、正しい呼吸は鼻で呼吸することなのです。

さまざまなメディアで取り上げられましたさまざまなメディアで取り上げられました

使用上の注意使用上の注意

  • ○鼻で呼吸しづらい場合や、むせる場合は、無理せず休みながらトレーニングを行ってください。
  • ○唾液が出にくい場合は、エントレを使用する前に、水で口の中を潤してから使用してください。
  • ○エントレは舌や唇などの筋肉を鍛えるトレーニング器具ですから、歯でエントレを噛まずにご使用ください。製品にキズが入ると、断裂してのどにつまるおそれがあります。キズや裂け目がある場合は、新しいものに取り替えてください。
  • ○使用中に口の中や、体に異常を感じたら使用を中止し、かかりつけの歯科医師に相談してください。

お手入れ方法お手入れ方法

  • ○使用後は毎回、流水できれいに洗い、よく乾燥させ、風通しの良い場所で保管してください。
  • ○使用前にも毎回、水洗いをしてください。
  • ○汚れた場合は、食器用洗剤を薄めたもので洗ってください。

お問合わせはこちら